メンズ

進行性の薄毛はAGAの可能性あり!生活習慣や治療で治そう

男女で異なる症状と特徴

婦人

男性だけでなく、女性にも「薄毛」の症状に悩む人が増えています。女性の薄毛には、何かしらの病気が隠れている場合があるため、注意が促されており、早めの対策・治療が推奨されています。女性に見られる薄毛の特徴は、髪の毛が全体的に薄くなることです。分娩後脱毛症と言う、出産後に現れる特徴的な症状もあります。

もっと詳しく

若ハゲになる前に

薄毛の男性

20代でも薄毛になることはあります。若ハゲはAGAであることが多いので、進行する前に病院で治療しましょう。また、規則正しい生活を送ることも大事です。発毛剤や育毛剤に頼る前に、生活習慣を見直しましょう。

もっと詳しく

男性の薄毛の悩みに

医者

原因は酵素の働き

AGAの特徴は、前頭部と頭頂部のどちらか、または両方から薄毛や抜け毛が進行していくものです。これはAGAの原因だと言われている5αリダクターゼという酵素がこの部分に多く存在しているからです。そのため、男性は前頭部や頭頂部の髪が薄い人が多いのです。またAGAは毛根が死んでしまうというものではなく、髪の毛の「成長期→退行期→休止期」というサイクルの中の成長期の期間が短くなってしまったことが原因となっているため、産毛や短い髪の毛は生えてきます。この場合には正しい治療を行うことで5αリダクターゼの働きを抑制して健康な髪の毛を生やしていくことも可能です。髪の毛の成長サイクルに合わせて効果も実感できるので、早めの対処を行うようにしましょう。

日常からできる事

AGAは酵素の働きを抑制することが大きな治療効果を上げることが知られていますが、他にも食事によって症状の進行を抑制したり、改善を目指すことも可能です。積極的に摂取したいのは髪の毛の原料になるたんぱく質、摂取したたんぱく質を分解したりその効果を高める働きがあるビタミンやミネラルをバランスよく摂取するようにしましょう。また、アルコールの過剰摂取や喫煙も血行を悪化させて頭皮に必要な栄養素が行き届かなくなってしまったり、たんぱく質の摂取を邪魔してしまう可能性があります。さらに睡眠不足やストレスも常に緊張状態に陥ってしまうので血行の悪化や成長ホルモンの分泌量の低下を招いて髪の成長を妨げてしまいます。これらの日常からできる対策も重要になります。

外用薬で治療できます

薄毛の頭

大阪のAGA治療を行っている病院では、ミノキシジル成分が含まれている外用薬を処方してもらえます。ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるので、毛母細胞まで栄養素を届けやすい頭皮環境に改善できます。外用薬は塗り方が大切ですので、用法と用量を守って使う必要があります。

もっと詳しく