男の人

進行性の薄毛はAGAの可能性あり!生活習慣や治療で治そう

男女で異なる症状と特徴

婦人

他の病気が潜む危険性

男性に多いと思われている「薄毛」ですが、女性にもその症状に悩む人が増えている傾向にあります。女性の薄毛に関しては、老化や生活習慣の影響が大きいと考えられています。しかし、過剰な抜け毛や急に髪の毛が生えてこなくなるケースでは、病気が潜んでいる可能性が疑われるため注意が必要です。尚、女性の薄毛に繋がる病気には、膠原病・甲状腺異常・栄養障害などが挙げられます。その他、内服薬・放射線治療などの副作用の可能性もあります。また、女性の薄毛は自然に治ることは無いと言われています。更に、そのまま放置してしまうことで症状は悪化、その状態から対策や治療を始めたとしても、なかなか効果が実感出来なかったり、時間も長く掛かってしまいます。そのため、なるべく早いうちに対策を講じる必要があるのです。

症状と特徴

女性の薄毛は男性とは違って、スキンヘッドの様な状態になることは少ないです。女性ホルモンの影響こそ受けるものの、男性とはメカニズムが異なるからだと言われています。更に、男性よりも遺伝的影響が少ないことから、早い段階で対策や治療を開始することによって、症状の改善が見込めます。傾向としては、部分的なものではなく、髪の毛全体が薄くなって頭皮が見えるようになると言ったケースが女性には多いと言います。この場合、髪の毛のボリュームが無くなってきたと感じるのが特徴です。女性には、いくつかの薄毛症状が挙げられるものの、分娩後脱毛症と言う、出産後の女性に見られる特徴的な薄毛症状もあります。