男の人

進行性の薄毛はAGAの可能性あり!生活習慣や治療で治そう

外用薬で治療できます

薄毛の頭

2つの薬を併用できる

大阪にあるAGA治療をしている病院では、専門の治療薬としてミノキシジルの処方を行っています。ミノキシジルは1960年代にアメリカの製薬メーカーが作った薬で、日本では外用薬だけが認可を受けています。大阪の病院でミノキシジルが含まれている外用薬を処方してもらうことで、直接的に患部に塗布することができます。ミノキシジルを患部に塗ることで血行を促進させる作用がありますので、血管を拡張させることが可能となり、毛母細胞まで栄養素を届けやすい頭皮環境にできます。AGAの原因の1つとして血行不良が挙げられており、頭皮の環境を改善して、血行を良くすることで薄毛の症状の改善につながります。大阪の病院では別のAGA治療薬としてプロペシアも処方していますので、2つの薬を同時に併用することで効果を引き上げることが可能です。

綺麗にしてから薬を使おう

大阪のAGA治療の病院で、ミノキシジル成分が配合されている外用薬を処方してもらったときには、効果的な塗り方を実践することがおすすめです。外用薬は塗り方が大切で、用法と用量を守って正しく使用する必要があります。ミノキシジルは血圧を下げる薬として開発されたものですので、血圧に問題を抱えている人の場合には使用を控えたほうが良いです。自分の健康状態について確認する工夫をしておくことが重要で、肌荒れや頭皮のかぶれ、めまいなどの症状が現れているときには医師に相談することが大切です。有効成分の効果を十分に得るためには、使用する前にしっかりとシャンプーをして頭皮を綺麗な状態にしておくことで成分が浸透しやすくなります。毛穴が汚れてしまっていると、有効成分を吸収しにくくなるので綺麗にしておくことは重要です。